Kuron Blog

Kuron

【すぐできる】周りと差をつけるお礼のコツ 

life ,  

こんにちは!クロンです

先日下記のツイートをしました。

案件完了🎉
6万円で、作業時間は30時間ほど
案件が終わったら、感謝の気持ちを忘れずに!
僕はチャットだけでなく、会社のお問い合わせからもお礼を伝えます。長期的なお付き合いに繋がるかもしれないし、何より、ありがとうと言われて嫌な気持ちにはならないはず🙃

かなり反響を頂いたので、深堀りします。

知ってるだけで差がつくお礼とは

結論は、2重のお礼です。

僕の例で言うと、Web制作の案件を納品した後、やりとりをしていたチャットでお礼を伝えました。その後、依頼先の会社のお問い合わせから、感謝のメールを送るといった流れ。

ほとんどの人は、その場(対面など)でのお礼は必ずしますが、そこで完結してしまう。

もう一歩踏み出せると、相手に特別な好意が生まれます。

どういった場面で使えるの?

例えば、こんな感じ。

  • バイトの先輩に丁寧に教えてもらった→ その場 + バイト終わりにお礼を言う
  • ドライブで友達に運転してもらった→ 解散時 + 帰ってからLINEでありがとうと送る
  • 就活の面接に行った→ 面接終了時 + 帰ってから感謝のメールを送る

2回目のお礼はいろんな方法で伝えることができます。

▼たったこれだけで、メリットもある

人間は、好意をうけると返したくなる生き物です。

面接だったら合格につながり、営業だと長期的なお付き合いになる可能性が上がります。

ありがとうを通して、良好な関係を築きましょう。

▼裏技:手紙戦術もありです

メールでのお礼は効果が薄いなぁと感じる方は、手紙を送るのもあり。

これをやる人はまずいないので、間違いなく差をつけれます

嫌がられないかな?

これまでを読むと、「人と違うことをして、逆に評価が悪くなりそう」と思うかもしれません。

ですが、これははっきりとNoです

純粋な感謝をされて、嫌な気持ちになる人はいません。相手がよほど嫌いなら別ですが。。。

それよりも、2重のお礼でライバルより目立った方が、大きなリターンがあります。

▼今日から意識してみよう

今回の内容は、すぐに実行できます。

2重のお礼で周りと差をつける

ぜひ挑戦しましょう。